あなたの可能性は無限大!

ピース小堀の可能性無限大BLOG

人生相談

心が折れた時の立て直し方(seikoさんの質問)

投稿日:2015年12月11日 更新日:

Post to Google Buzz
Pocket

みなさんからお寄せいただいた質問にお答えするQAコーナーです。

今回の質問者

■seikoさん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問のテーマ
「心が折れる時」

何かを信じて物事をしようとするとき、
必ず、障害があると思います。
例えば、「そんなことしても出来るわけない」とか、
「頭おかしいんじゃないの」とか
「宗教じみている」とか言われて、変人扱いされたりすると、
自分が間違っているのかと思い心が折れてしまった時
どのようにして、心を持ち直したら良いのですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

seikoさん

ご相談ありがとうございます。
ピース小堀です。

早速直球でお答えしていきます!!
まず、seikoさんのメールの最初に
「何かを信じて物事をしようとする時、
『必ず、障害があると思います』」 という言葉があります。

これは、seikoさんの信念の中に「障害は出てくるものだ!!」という
経験からくる「思い込み」が出来てしまっていることを教えてくれています。
昔のわたしも、そうでした。
だからよーく分かります。

これは、テレビ映画、ドラマ、小説をみていても、
常に障害が出てきて、主人公が悪戦苦闘している姿をみて
人は、「必ず障害が出るものだ!」と、多くの人が「思い込んで」
しまっているのです。

これを楽読創始者の平井ナナエさんがリターンスクールで話す話の中に
「水戸黄門理論」というのがあります。
それは、多くの方が
「人生 楽ありゃ 苦もあるさ」という歌で、
知らず知らずのうちにつくらなくていい「苦」を
自分で勝手に生み出してしまうという理論です。

このように、seikoさんが障害が絶対に起こるという「思い込み」「信念」を
握りしめ続けている限り、何かをしようと思うと必ず「障害」が出てくる
パターンを繰り返します。

周りの責任ではなく、seikoさんの思い込みが「原因」です。
たぶん、これを聞くと「えーーー!!!」っと思うでしょう。
でも、人生は、その人が信じたことが現れるようになっています。
「思い込んでいること」は「信じていること」と同じ!

「信じていること」は「望んでいること」と同じ!

なのです!

これ名言やなー。(ひとり自画自賛・笑)

本当に、障害が現れてほしくないのであれば、

「自分がやることは、何の障害もなくすべて上手くいく!」 。

という信念を作ることです

さらにご質問の文章から分析すると、

seikoさんの心の中に、
自分自身が、今やっていることに対して
「実は、そんなことしても、出来るわけがない」

とか、

「実は、頭がおかしいんじゃないの」

とか、

「実は、宗教じみてる」

とか、

そんなふうに思っている節はありませんか?
「そう思っていると、そういうことが起こってしまいます。」

なので、質問の中にある
「障害が起こってから心を立て直す」ことを考える前に、
こんなふうに考えてみたらどうでしょうか。
■「そんなことが出来るわけない」と思うのなら、
どうやったら「絶対出来る」に変わるのかを考えてみたらいい

■「頭がおかしいんじゃないか?」と思うのなら、
何が頭がおかしいことではないのか?を考えてみたり

■「宗教じみている」と思うのなら、
何なら宗教じみてないのか?を考えてみてはいかがでしょうか?

 

一つひとつよーく考えて、具体的に書き出して、
冷静に俯瞰してみると、
案外、問題はないことが多いのです。
是非、やってみてください!
周りの人から、いろいろと言われて、心が
かき乱されてしまうという本当の理由は、

seikoさんの中にある

「自分自身を信じきる!」 という心の弱さが

「不安」を生み出し、

「上手くいかない理由」をつくり出している可能性が高いのです

まず、seikoさんは「自分自身を信じきる」ところから
自分の心を取り扱っていかれることをお勧めします!
是非、意識承認をもう一度読んでいただき、
実践をしてみてください!
意識承認のブログ
http://kanousei88.com/love-myrself/

 

最後に!

質問のメインであった「心を立て直すには?」にお答えします。

人の言葉や言動で落ち込んだ場合、
まず、このことを良く知っておいてください。

アドバイスをしてくる人の中で
聞いてはいけない相手は、
その人が何の挑戦もしておらず、
ただの評論家になっている人の言葉です。

自分が実践をせず、あぐらをかき、
夢や志を立てていないから、
あなたが挑戦する気持ちにも共感できないうえに
無意識にあなたが挑戦し、すごくなることが怖いのです。

だから、そんな人の言う言葉に耳を貸す必要はありません。
私にアドバイスするくらいなら
あなたの人生を一生懸命生きなさい!っと
伝えてあげてください。

しかし、常に挑戦し、夢を持ち、志を立て、
動き続けている人の言葉の場合、
耳を傾けるべきは、

その人が「本当にあなたの親身になり、
あなたのことをどれだけ理解しているか?」です。

耳が痛いことを言ってくれた場合、
その人が、真にあなたのことをどれだけ深く思っているか?
を感じ取ってください。

もし、魂のどこかでピンッとくることがあるのであれば、
真摯に向き合い、自分の行動を改め、さらなる成長をしましょう。

そして、落ち込んでしまった「心を立て直す」には、
繰り返しになりますが、
「意識承認」からはじめて、自分自身へ、たくさんの○をあげましょう!
seikoさんは、素晴らしい人なんです!

こんなに真剣に悩み、もがき、
質問までしてくる意欲の高い方です!
そんなseikoさんを傷つけられる人は、誰もいません。

seikoさん自身が、自分に自信を失い
周りから投げられた言葉を真実として
受け取ってしまわないかぎり・・・

だから、意識承認をして
自分に○を入れ続けることが大切なのです!!
是非、意識承認をしてください!

 

 

Post to Google Buzz
Pocket

-人生相談

Copyright© ピース小堀の可能性無限大BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.